活字迷走覚え書き

読書感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『はたらけ、ケンタウロス』えすとえむ(著)/リブレ出版

はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)
えすとえむ
リブレ出版 (2011-04-09)

ケンタウロスが普通に社会にでて普通の人間と同じように働いて生活しているという設定の漫画。
どういうことなの? と思われるかもしれませんが、そういうことなの、としか言いようのない漫画。

帯に以下のような【ケンタウロスと友好的な関係を築くための注意】が書かれていて大変為になりました。

(1)「馬臭い」と蔑むこと。人間のイジメも「お前臭い」の一言から始まります。
(2)お尻や股間をじろじろ見ること。丸出しですが好きで出しているのではありません。
(3)ラッシュの電車の中で「オマエは走れよ!」と言うこと。公共機関は仲良く使いましょう。
(4)馬刺しを食べるケンタウロスを見て「共食い!?」と騒ぐこと。彼らは厳密には馬ではありません。
(5)競馬場で調子のいい馬を聞き出そうとしないこと。彼らにアタリ馬券はわかりません。
  ケンタウロスは下半身はアレですが馬ではありません。

結構気を使わないといけないことがあって大変そうです。
(3)とかつい言いたくなっちゃう人いるんじゃないだろうか(笑)

設定が設定だけに面白い作品なのですが、ケンタウロスと人間の差異によって生まれる切なさもあって結構ホロリとさせられるとこも多かったです。



スポンサーサイト
  1. 2012/06/18(月) 00:42:10|
  2. 漫画感想

『おおきく振りかぶって』ひぐちアサ著/講談社

野球には全く興味の無かった私ではありますが、この作品を読んで中学校の校庭で練習をしている野球部の少年たちを見てトキメキを覚えるようになりました。たいした成長です。いや、こんな野球無知を野球(少年)好きにしたひぐち様がたいしたお方だと思います。

祖父が学長を勤める中学校の野球部で、罪悪感を持ちつつも3年間ヒイキでエースを続け、そのことでチームメイトにも嫌われていた三橋廉。そんな彼は、中高一貫であるその学校を離れ、一人チームメイトとは別の高校へ進みます。そこで彼を待ち受けていたのは個性的な監督と仲間たち。果たしてここで三橋君はほんとのエースと認められることが出来るのか?! といった感じで物語りは始まります。

もうですね、三橋君とバッテリーを組む阿部君(キャッチャー)がいいんですわ。もだえ苦しむ名セリフが満載ですよ。実際転がりまわりましたもの。ワタクシ。ぜひこのこそばゆさを皆さんにも味わって頂きたいです。

現在4巻まで発売されてます。高校球児の野球にかける熱がヒシヒシと感じられる作品です。野球に興味がない方も楽しめると思います。



(20051013「大きく」→「おおきく」に修正。ずっとまちがってたよ母さん。)

  1. 2005/09/11(日) 11:34:27|
  2. 漫画感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。