活字迷走覚え書き

読書感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ダ・ヴィンチ・コード 上中下』ダン・ブラウン著/越前敏弥訳/角川文庫

○一言感想○

「アクティブな感じの『邪馬台国はどこですか?』っぽい」


ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2006/03/10)


ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2006/03/10)


ダ・ヴィンチ・コード(下)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2006/03/10)



キリストとか教会とかダヴィンチとか聖杯とか、まったく詳しくないというかむしろ知らないので、作中でてくるお話はほぼ「へぇ~」と鵜呑みしました。

申し訳ない話ですが、薀蓄が続くところは結構な斜め読みだった気もいたします。(某京極さん本でも同じ過ちを犯している常習犯)

でも暗号解読は面白いですよね。
クリプテックスが欲しくなりました。
隠さなければいけない秘密は特に無いんですけど、ああいう細工物って好きなのです。
レプリカとか販売されないんでしょうか。されても高いか。買えないか。むしろ買わせるかこの貧乏人がってことですか。あーそうですか、そうですか。

ところで読了後「あー映画見てから読めばよかったっ…!」と激しく後悔したワタクシです。
だってこれ黒幕だれかっていうのが結構な見所じゃないですか。って読んで気付いたんです。
黒幕が誰かわかってたらつまんないじゃーんと。どうせなら映画見てびっくりしたかったじゃーんと。
こうなったら映画は見ない。見ないのか。

(でもクリプテックスはどんななってるか見たい。)
スポンサーサイト
  1. 2006/04/27(木) 22:02:59|
  2. 作者:タ行

『骨盤教室』寺門琢己著/幻冬舎

台風が通過して一週間くらい経ちますが、台風以降テレビがぱっつんぱっつん切れます。なんか電気系統おかしくなってるのでしょうか。テレビ好きなので困ってます。

ところで今日『骨盤教室』という本を購入しました。

べ、べ、別にダイエット目的ではありません。
ただパラパラと立ち読みしてたら、鼻づまりは体のゆがみが原因の場合もあるというところに目が留ましまして。長年鼻づまりになやまされている私にとっては興味を引かれる話なのです。
なんでも、

『一方の鼻の通りがいつも悪い人は、全身の左右差が頭蓋骨にまで及んで、脳脊髄液の循環が滞っているのかもしれません。』(P72)

とのこと。

脳脊髄液はよくわかりませんが、ゆがみが頭蓋骨に及ぶというところにびびってしまいました。

これから熟読して、千年後考古学者も発掘してびっくりな頭蓋骨美人を目指そうと思います。
  1. 2005/09/12(月) 22:07:20|
  2. 作者:タ行

『粗忽拳銃』竹内真著/集英社文庫



人間そこそこの年数生きていれば、一度くらい自分はこのままで良いのだろうかと疑問をもった事があると思います。

自分の人生は間違っていないだろうか。もっと他にすることがあるのではないだろうか。実はとんでもない才能を持っているのに気付いていないのではないだろうか。拳を固めて空に勢いよく振り上げたら何かに変身できるのではないだろうか。何の疑問も抱かずに使い続けたこの学習机、実は引き出しにネコガタロボットが潜んでいるんじゃないだろうか。なんて悩んだこともあるのではないでしょうか。ないですか。そうですか。

でも、まぁ、自分の立ち位置に漠然とした不安のようなものを覚えたことくらいはあると思うのですが、いかがでしょう。私はあるのです。しょっちゅう未来に対する不安と格闘しています。果たして年金はもらえるのくわっ!?とか。飛び過ぎか。

本作の主人公たちは、そんな人生のターニングポイントに立った若者四人です。
落語家の卵・流々亭天馬は入門五年を向かえ二つ目に昇進できるかどうかの瀬戸際。見習いライターの高杉可奈は、フリーライターの個人事務所で雑務をこなしながら修行中。貧乏役者の三川広介は、実家の酒屋を継がされる前のラストチャンスとして舞台オーディションに挑み、時村和也は自主映画監督しての実績を重ねつつ、映画というメディアの更なる高みを目指しています。

ストーリーはこの四人が偶然ホンモノの拳銃を手に入れることから転がりだします。
銃のもともとの持ち主である危ない稼業の方々と銃マニア、両方から狙われる事になる四人。彼らはこの窮地を逆手に取り、とある策を練ります。行き当たりばったり、本人たちもどう転がるか予測できない「銃ゲーム」。最後に笑うのは果たして誰だっ!? と煽ってみたり。

銃を巡るドタバタに目が行きがちですが、メインは四人の心的成長だと思います。この騒動を軸にして、四人が迷いを振り切り、新たに出発するまでがさわやかに描かれています。

読了後、私もいっちょ頑張るか、といった気持ちになる事請け合いです。たぶん。(←弱気)

<イメージ図: p214 流々亭天馬(りゅうりゅうていてんま)>
  1. 2005/08/04(木) 23:07:16|
  2. 作者:タ行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。