活字迷走覚え書き

読書感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ブレイブ・ストーリー』宮部みゆき著/角川書店


○一言感想○


「嫌い、嫌い、明がきらい」


ブレイブ・ストーリー(上)
宮部 みゆき
角川書店
売り上げランキング: 37,233

ブレイブ・ストーリー(上)
ブレイブ・ストーリー(下)

大雑把なあらすじは、少年・三谷亘くんが両親の離婚の危機から運命を変えようと何でも望みを叶えてくれるという幻界の女神のもとへ旅立つというものです。

今年の夏アニメを見に行かれたかたも多いでしょうね。私も見に行きたかったのですが地元の映画館では放映されず、たまに時期をずらして来ることもあるのでそれを期待していたら『永遠の法』がきてしまい、そこはかとなく納得のいかない日々を過ごしているうちにもうDVD化されるみたいですね。こうなったらテレビで放送されるまで見ない。←いつも同じことを言っているような気が。

まぁ、それはともかく。
読むの二度目ですがやっぱりおもしろかったです。だいぶ内容忘れていたせいもあるのですが。

今回感想書くのに色々小難しい事考えて良いこと言ってやろうと思っていたのですが、私が良いこと言えるわけがないじゃないですか。なんですか買い被るのもいい加減にして下さいよ。←誰に言ってる。

でもブレイブ・ストーリー良い話なんですよ。私がちょっと良いこといいたくなるような気になるくらい。

[『ブレイブ・ストーリー』宮部みゆき著/角川書店]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/10/16(月) 22:19:41|
  2. 作者:マ行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。