活字迷走覚え書き

読書感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『All You Need Is Kill』 桜坂洋(著)/集英社スーパーダッシュ文庫

○一言感想○

「タイトルの意味がわからない」←英語的な意味で。


All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
桜坂 洋
集英社
売り上げランキング: 39,710


日本人はなんでもかんでも擬人化してしまうところがありますが、「地球」の立場で人間様を見るとマジほんとふざけんなよこらぁ! 程度では済まないくらい地球の上でやらかしていますよね。ほんとに申し訳ない。

『All You Need Is Kill』ではそんな人間様よりさらに地球に御無体を働く敵「ギタイ」が出てきます。このギタイは超身勝手な理由で地球に寄越されて来ているんですが、人間様はそのあたりの事情はさっぱりわからないながらも自分たちの生命を守る為にギタイとの戦いを続けているわけです。

新兵として初戦で戦死した主人公が、気が付けば戦闘の前日へ戻っているというループ状態に陥るというあらすじに目を通していたので、「同じ一日を繰り返す話って読んでて退屈しないかな」とぼんやりとした懸念があったのですが退屈はしませんでした。
そりゃそうですよね、同じ日の描写をエンドレスリピートするわけないのですから(笑)

主人公はループするたびに前回の失敗を踏まえて自分を鍛え続けます。命がけの戦闘を何度も何度も繰り返し、何度も何度も戦死する度にどんどん強くなっていくのです。

物事の修練にループは持ってこいではありますが、その過程を誰とも共有できないことのさびしさよ。

主人公に感情移入しながら読み進み、彼と一緒にずんどこ孤独の沼に沈み込んで行ったあたりで物語に大きな転換が訪れるのですが、ある人物が放つその鍵となるセリフがかっこよくて痺れるのですよ。
ワンフレーズで停滞していた世界が動き出したような鮮やかさを感じました。
まぁワタクシがその時点でものすごく主人公目線で読んでいたからというのもあるのでしょうが。感動もひとしお。

最終的に主人公はループから解放されます。
心の薄い膜にさわさわと触れるような途方もない孤独感を味わいつつ、「それは飲んだらダメなやつだ」と突っ込まずにはいられないラストでありました。


(ちなみにトム・クルーズ主演で映画化されてますけど、不安を覚えつつ視聴したところ、うまいこと設定をトム仕様にしていてなかなか楽しい作品になってました。)

オール・ユー・ニード・イズ・キル [Blu-ray]



スポンサーサイト
  1. 2015/10/11(日) 14:11:32|
  2. 作者:サ行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。