活字迷走覚え書き

読書感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『死亡フラグが立ちました!』七尾与史(著)/宝島社文庫

○一言感想○

「そんなバナナ」じゃ捻りがないから「そんなバハマ」って最近言ってる。なんの話だ。

死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) (宝島社文庫 C な 5-1)
七尾 与史
宝島社 (2010-07-06)
売り上げランキング: 75500

事故死に見せかけてターゲットを消す凄腕の殺し屋「死神」の謎を追う話。

「死神」の仕事のやり方は、ようするに「ターゲットの趣味嗜好、行動パターン、過去現在の人間関係を徹底的に調べ上げて、それに即した罠をコマゴマと仕掛ける」ってことなんですね。
ひとつの罠に引っかからなくてもいつかどれかに引っかかる。
仕事完遂に24時間という時間制限があるのが面白いところ。

ちょいネタバレしますが、被害者の一人はバナナの皮で滑って転んで床に置いてあった鉄アレイに頭をぶつけて死んでしまいます。
バナナの皮を踏ませ、鉄アレイに頭をぶつける位置で転ばせる。これが死神による誘導によって引き起こされているわけです。

馬鹿馬鹿しいと言ってしまえばそれまでですけど、これ本気でやろうとしたら出来ない話でも無いかなとも思ったりして。まぁ無いか(笑)

実際死神のターゲットにされたらゾッとしちゃいます。
普段どおりの行動してたら事故死とか怖いですわ。

オチがドタバタすぎて色々強引さを感じる部分もありましたがなかなか面白かったです。

スポンサーサイト
  1. 2012/05/07(月) 00:32:41|
  2. 作者:ナ行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。