活字迷走覚え書き

読書感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『てとろどときしん』黒川博行著/講談社文庫

夕べから胃が痛いです。
気持ち悪さもトッピングされた痛みです。
これが噂に聞くところによる「胃潰瘍」というものでしょうか。
いや、ただ単に最近の不摂生がたたっているだけのはずです。

昨日からちょびちょびと読んでいた黒川博行さんの『てとろどときしん』をさっき読み終えました。

大阪府警・捜査一課の刑事さんが活躍する六編から成る短編集です。
黒川さんファンにはおなじみの「黒マメ」コンビも登場してます。

『てとろどときしん』ってなんだろうと思っていたのですが、フグの毒のことなんですね。
「テトロドトキシン」とカタカナで書いてあれば薬品ぽいのに、ひらがなだと一体何なのか想像が付かなくなります。

「てとろど」と「きしん」

と区切ってみたりしていた私の努力は全くの無駄であったようです。

「てとろど」ってなんだよ、「きしん」ってなんだよってつっこまれても文句も言えません。
でも「てとろど」はともかく「きしん」はなんか意味がありそうなので辞書で引いてみました。

「帰心」…帰りたいと思う心。
「寄進」…神仏に財物を寄附すること。
「貴紳」…身分と品格の高い紳士。
「忌辰」…死者の祥月命日。忌日。
(角川新国語辞典)

「てとろどと帰心」、「てとろどと寄進」、「てとろどと貴紳」、「てとろどと忌辰」。
意外とどれも様になる。と思うのは私だけか。私だけなのくわっ。

まぁ以上のようにタイトルだけでも色々遊べる作品ですが、「テトロドトキシン」を最初からご存知の方にはこういう楽しみ方はできないかもしれません。くっくっくっ。自分の博学を呪うがよい。

もちろん中身もタイトルと同様に楽しめました。
私は「黒マメ」コンビのボケとツッコミを駆使した会話が好きです。
こんな風にポンポン話ができたらさぞや気持ちよかろうと口下手な自分は憧れてしまうのであります。

スポンサーサイト
  1. 2005/08/21(日) 16:20:25|
  2. 作者:カ行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。