活字迷走覚え書き

読書感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ダ・ヴィンチ・コード 上中下』ダン・ブラウン著/越前敏弥訳/角川文庫

○一言感想○

「アクティブな感じの『邪馬台国はどこですか?』っぽい」


ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2006/03/10)


ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2006/03/10)


ダ・ヴィンチ・コード(下)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2006/03/10)



キリストとか教会とかダヴィンチとか聖杯とか、まったく詳しくないというかむしろ知らないので、作中でてくるお話はほぼ「へぇ~」と鵜呑みしました。

申し訳ない話ですが、薀蓄が続くところは結構な斜め読みだった気もいたします。(某京極さん本でも同じ過ちを犯している常習犯)

でも暗号解読は面白いですよね。
クリプテックスが欲しくなりました。
隠さなければいけない秘密は特に無いんですけど、ああいう細工物って好きなのです。
レプリカとか販売されないんでしょうか。されても高いか。買えないか。むしろ買わせるかこの貧乏人がってことですか。あーそうですか、そうですか。

ところで読了後「あー映画見てから読めばよかったっ…!」と激しく後悔したワタクシです。
だってこれ黒幕だれかっていうのが結構な見所じゃないですか。って読んで気付いたんです。
黒幕が誰かわかってたらつまんないじゃーんと。どうせなら映画見てびっくりしたかったじゃーんと。
こうなったら映画は見ない。見ないのか。

(でもクリプテックスはどんななってるか見たい。)
スポンサーサイト
  1. 2006/04/27(木) 22:02:59|
  2. 作者:タ行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。