活字迷走覚え書き

読書感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『戦車映画』吉田戦車著/小学館

○一言感想○

「いまだかつて『スター・ウォーズ』をこれほど観たいと思ったことがあっただろうか、いや無い(反語的表現)」

戦車映画
戦車映画
posted with amazlet on 06.06.24
吉田 戦車
小学館 (2006/03/28)

日曜午後、民放でフツーに放送されている映画を観るのが好きです。

CM中トイレ行ったり、飲み物補充したり、お茶菓子物色したりしながらダラダラ映画を観ていると、ちょっとした幸福感に包まれます。

アクション、コメディ(ラブコメ)、感動モノ…ジャンルにはこだわりません。
あんまり小難しくなくて、そこそこ見ごたえがあって、期待してなかったけど観終わったあと「結構おもしろかったじゃん」と思える映画。
ガッツリ集中して観て無くてもストーリーがだいたい把握できる映画。
そんな映画が日曜午後シネマには向いてます。

ちなみにマイフェイバリット日曜午後シネマは、『魔女の宅急便』。
もう何回もテレビ放映されていますが、毎回観てしまいます。

魔女の宅急便
魔女の宅急便
posted with amazlet on 06.06.24
ブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメント (2001/06/08)
売り上げランキング: 147
↑「そっとデッキブラシにまたがった事があるってーのはここだけの話」

さて、『戦車映画』です。漫画家吉田戦車さんの映画コラム集でございます。

一回立ち読みして、その時は棚に戻したのですが、やっぱり手元においてじっくり読みたいなと結局買っちゃいました。

一人の映画好きがなんの裏も無く普通に感想を綴っている感じがとても良いですし、吉田さんの脱力感漂う味のあるイラストもコラムに花を添えています。

(p160『皇帝ペンギン』のイラストがすごくかわいい。吉田さん?の腰を皇帝ペンギンが揉んであげているのです。消しゴム掛けをする皇帝ペンギンもかわいい)


『戦車映画』には洋画・邦画様々なジャンル四十三作品+おまけ二作品のコラムが収められているのですが、ワタクシその中の三作品しか観ていなことに気付きました。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
ポニーキャニオン (2006/07/19)
↑「王様っ!」


下妻物語 スタンダード・エディション
東宝 (2004/11/26)
売り上げランキング: 2,163
↑「一角獣!」


キル・ビル Vol.1 & 2 ツインパック
ユニバーサル・ピクチャーズ / ジェネオン エンタテインメント (2004/10/08)
売り上げランキング: 7,738
↑「ヤッチマイナッ!」


これだけ。
しかも全部テレビ放映。

もっと観よう映画。日曜午後シネマとか気取ったこと言ってる場合じゃないじゃない。


スポンサーサイト
  1. 2006/06/24(土) 11:38:10|
  2. 作者:ヤ行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。