活字迷走覚え書き

読書感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ブレイブ・ストーリー』宮部みゆき著/角川書店


○一言感想○


「嫌い、嫌い、明がきらい」


ブレイブ・ストーリー(上)
宮部 みゆき
角川書店
売り上げランキング: 37,233

ブレイブ・ストーリー(上)
ブレイブ・ストーリー(下)

大雑把なあらすじは、少年・三谷亘くんが両親の離婚の危機から運命を変えようと何でも望みを叶えてくれるという幻界の女神のもとへ旅立つというものです。

今年の夏アニメを見に行かれたかたも多いでしょうね。私も見に行きたかったのですが地元の映画館では放映されず、たまに時期をずらして来ることもあるのでそれを期待していたら『永遠の法』がきてしまい、そこはかとなく納得のいかない日々を過ごしているうちにもうDVD化されるみたいですね。こうなったらテレビで放送されるまで見ない。←いつも同じことを言っているような気が。

まぁ、それはともかく。
読むの二度目ですがやっぱりおもしろかったです。だいぶ内容忘れていたせいもあるのですが。

今回感想書くのに色々小難しい事考えて良いこと言ってやろうと思っていたのですが、私が良いこと言えるわけがないじゃないですか。なんですか買い被るのもいい加減にして下さいよ。←誰に言ってる。

でもブレイブ・ストーリー良い話なんですよ。私がちょっと良いこといいたくなるような気になるくらい。




ブレイブ・ストーリーというタイトルに違うことなく、少年の勇気の物語です。そして成長の物語。
大人の都合に振り回されて悩む子供たちが様々な経験をすることで物語の最後には少し成長して前向きに生きてゆくといった話はよくある話というか「成長モノ」といった一つのジャンルですよね。
ワタルくんも幻界の旅でたくさんの困難を乗り越え成長していきます。
しかも舞台を現実の世界からファンタジー世界に移しているために、その困難の幅はかなり広く深くなっています。
現実の世界だけに留まって少年と両親の離婚というテーマで書くとすれば、少年を成長させるための困難っていうのはあまり多く想定できないでしょう。この点がファンタジー世界に舞台を一気に変えたことの利点であり、普通の「成長モノ」にちょっとひねりを加えているところだと思います。

問題と直面するたびに憤り、悲しみ、苦しむワタルくん。
仲間と一緒だったからこそ困難を乗り越えられてきた旅でしたが、その仲間すら失う時が訪れます。

「どこへ行っても悲しみはついてくる。いつまで経っても悲しみは失くならない。」

と泣き崩れるワタルくんにこちらも堪えきれずに涙。

ファンタジーな世界なので、ワタルくんの冒険は絵空事めいて見えます。(もちろん小説なので絵空事なのではありますがそこはちょっとなんとかニュアンスを汲んで頂けるとありがたや。笑)
でも幻界の旅での痛みは確かに亘くんのものであり、成長への糧であります。
亘くんが両親の離婚とそれに付随するゴタゴタを受け止めるには、幻界での身もちぎれるような苦しみや悲しみを経験することが必要だったのでしょう。
そして逆に考えればそれだけの経験をしなければ現世での苦しみを乗り越えられなかったんじゃないかと。
幻界での冒険は外からは見えない亘くんの「葛藤」を目に見えるようにしたものとも思えます。
そう考えると、両親の離婚が亘くんに与えた衝撃が推し量られ、どうにも不憫な少年に感じられます。

最後にワタルくんが女神に願ったことは自分の運命を変えることではなく、仲間たちの世界を守ることでした。
それは幻界へ旅立つ前と何も変わらない現実の世界へ帰ることを意味する事です。

苦しみは以前としてある。何一つ形も変えずに。
これからの母子の行く末を思い、暗澹たる気持ちがよぎるワタクシ。

それでも少し逞しくなった亘くんの描写と、ワタルくんの旅によって救われたひとりの少女の存在のおかげで救いのあるラストになっていました。

頑張れ、亘くん。
手始めにといってはなんだけど、とりあえず明に嫌がらせの一つや二つしてやるんだよ。←いかん性格の悪さがでた。

いやしかしこれはしょうがない。だってワタクシが作中で一番嫌いなのは明なんです。
ブレイブ・ストーリーには結構嫌な人登場してますが、それでもワーストは明なんですよねぇ。

おめぇなんて場末のスナックでルビーの指輪でも歌ってろ。←あきら違い。

って思うくらい嫌いなんですよ。

子供相手に本気で付け入る隙を与えない言い訳をするところとかね。
「おまえにどんなに恨まれても、父さんは弁解できない」とか、無茶ガード固いじゃないですか。
せめてわざと痛いところを突かせてやるくらいの大きいところ見せてくれたら良かったんですけど。

そうですね、亘くんは今度明にあった時には「おじさん」って呼んでやりなさい。

(養育費をもらったら)なにこのはした金。金魚の餌代にもならないよ。そう、金魚買い始めたんだ。明って名前にしたよ。母さん寂しがるからさ。毎日金魚鉢に塩振り入れて楽しそうにしているよ。って嘘つきなさい。

「この間ルウ父さんがさぁ…いっけねぇ、まだおじさんだった。てへ☆」って口滑らせなさい。

大丈夫だ亘くん。嫌がらせのレパートリーは数限りなくあるぞ。

そうこうしているうちに明さんは思春期を迎えた義娘に煙たがられるようになるから。

「あの人の洗濯モノとあたしの洗濯もの一緒に洗わないでね」
「他人のくせに父親面しないで」
「存在がキモイ」
「あーなんか家の中くさーい」
「帰ってこなくてもいいのに」
「あ、この人あたしの彼氏、亘っていうの」

くらいまで行くのが理想です。
頑張れ亘くん。
頑張れ名も知らぬ娘。

そんな話がボーナストラックで収録されているとかいないとか
「ブレイブ・ストーリー愛憎版 三谷明編~あの日俺は悪魔を生み出してしまったのかもしれない~」
絶賛販売中。

んなわけない。
念のためもう一度。
んなわけない。

でも愛「蔵」版は売ってます。

一回手にとったことはあるのですが5,800円と言う値段に恐れをなして買えませんでした。
たしか新聞掲載時のイラストとかも収録されていたと思うのですが。
「ブレイブ・ストーリー」ガ スキデース。ダイスキデース。な方にはたまらない一冊かもしれませんね。

お金のないワタクシは単行本と文庫本を抱きしめて生きてゆく所存でありますが、お金が有り余ってしょうがない、湯水のように使ってやるわと息巻いていらっしゃるブレイブ・ストーリー大好きっ子な方は一度愛蔵版を手に取られてみてはいかがでしょう?

ブレイブ・ストーリー愛蔵版
宮部 みゆき 謡口 早苗
角川書店
売り上げランキング: 131,201

ブレイブ・ストーリー愛蔵版
単行本と文庫本あわせたら愛蔵版と同じくらいの値段になるんじゃないかという疑惑は目をつぶります。自分の為に。

スポンサーサイト
  1. 2006/10/16(月) 22:19:41|
  2. 作者:マ行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。