活字迷走覚え書き

読書感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『西の魔女が死んだ』梨木香歩著/小学館

○一言感想○

「アイノウと答えてくれる人がほしいのう」

西の魔女が死んだ
西の魔女が死んだ
posted with amazlet on 07.04.12
梨木 香歩
小学館 (1996/03)
売り上げランキング: 22104


『西の魔女が死んだ』と入力しようとして『西のマゾが死んだ』と打ち間違え衝撃をうける。いったいどんな凄まじいプレ…自主規制。

こんな良い本の感想なのに出だしがひどい。味噌汁で顔洗って出直してこいや。いやいやそこをなんとかひとつ勘弁してください。といったやりとりのあとからこんばんはお久しぶりです。

『西の魔女が死んだ』は学校に行くのがツラくなった女の子が、おばあちゃんの家で過ごすうちにだんだんと元気を取り戻していくといったあらすじです。

出てくる食べ物がおいしそうなんですよ。サンドイッチとか。鍋で作るジャムとか。ご相伴に与りたい。
ジャムを保存するビンを熱湯で消毒する情景とかとてもやさしい感じがして好きですね。

それにしても「大好き」に「知っていますよ」と答える関係っていいものです。

「かわいい」に「知ぃってる!」と答えるハリセンボン春菜さんとはちと違います。好きですけど。

穏やかな二人だけの生活でしたが、とあることから女の子はきまずくおばあちゃんの家を去ることに。
でもおばあちゃんとの暮らしは全く無駄ではなく、彼女はおばあちゃんの教えを守りながら学校へ行けるようになります。

そんなある日届いたのはおばあちゃんの訃報。

タイトルに「魔女」とあるので一見ファンタジーっぽいお話かと思ってしまいますが、それらしきテイストはラストでチラリと出てくるだけ。そしてここがかなりの泣かせどころなのです。

ワタクシも「おばあちゃん大好き!」と言いたくなりました。
↑「アイドンノウ」と返事されたら当然の反応とはいえさぞショックでしょうな…。だから言わなかったヨ。

西の魔女が死んだ
スポンサーサイト
  1. 2007/04/14(土) 00:00:00|
  2. 作者:ナ行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。